Chibarism.com

2013.01.16

「俺妹」の舞台 パート2

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」パート2

 今回私達は、俺の妹がこんなに可愛いわけがないの舞台となった、千葉駅周辺を取材してきました。前回の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の記事では、千葉が舞台であり、幕張の周辺が使われたことを書きましたが、幕張だけではなく他の千葉県内の場所も舞台として出てきています。その中の一つである千葉駅周辺は、作中では、登場人物たちの通う学校が存在しています。登下校の道は、実在する道であり、現地を訪れた際には、幕張と同じくアニメで見たままの光景であることに驚きました。登下校の道だけでなく、主人公京介の妹である桐乃が、父に集めていたグッズが見つかって家を... 続きを読む

Author:Masayoshi Cho
2013.01.16

「男子高校生の日常」の舞台

「男子高校生の日常」の舞台

 掲載している写真のとおり原作漫画の表紙が市川駅近くを流れる江戸川である、男子高校生の日常の舞台を訪問しました。男子高校生の日常のアニメでは、東京都内の描写もあります。ですが、原作となった漫画の表紙が市川市であるように、アニメの中でも市川を流れる江戸川の描写がされています。実際に現地を訪れた際、建物等の位置は似たような場所が多かったですが、私たちが訪れた時期が夏であったせいか、河原の草が伸びに伸びていて、見る影も無い状態であったため、アニメと同じアングルを探すのに苦労しました。実際、漫画の表紙となっている階段がある場所は、全体を草が覆い隠し... 続きを読む

Author:Masayoshi Cho
2012.11.28

「これはゾンビですか?」の舞台

「これはゾンビですか?」の舞台

 これはゾンビですか? はライトノベル原作のテレビアニメで、2011年の1月から3月にかけて放送された。地味な高校生だったはずの相川歩は、連続殺人事件に巻き込まれ殺されてしまうが、ネクロマンサーの少女・ユーの力によりゾンビとして蘇り、さらには魔法の世界から来たというハルナに魔装少女され、あげくは吸血忍者のセラが現れて同居することになるなど、とてもユニークな作品です。作品内では葛西臨海公園の他、南船橋駅近くのららぽーとも、名前は変えてありますが登場しています。駅からしばらく歩いた観覧車の場所に、大体の場所が集中しています。これらの写真の他観覧... 続きを読む

Author:Masayoshi Cho
2012.10.31

「ロウきゅーぶ!」の舞台

「ロウきゅーぶ!」の舞台

 今回の舞台は松戸です。作品名はロウきゅーぶ!で、小学生の女子バスケットボール部を舞台にした作品です。最近多いですが、これもライトノベルが原作のアニメ作品で、2011年にアニメ化されました。主にアニメの舞台となったのは松戸駅の周辺で、二話〜十二話に登場しています。
松戸駅を訪れれば、どこが舞台になったのかが一目瞭然でしょう。松戸駅には二つの出入り口がありますが、その両方がアニメに出ています。さすがに看板等は変えられていますが、商店などもアニメ内にも登場しています。この舞台は松戸駅の周囲なので、駅からわざわざ遠くへ移動する必要の無... 続きを読む

Author:Masayoshi Cho
2012.08.01

「俺妹」の舞台

「俺妹」の舞台

 今回は、大ヒットアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の舞台に行ってきました。この作品は知っている人は知っているライトノベル原作のアニメ。アニメ化したこの作品には、現実に存在する場所が多々出てくる。主人公達が住んでいるのは千葉県。今回は作品に登場する公園の幕張船溜公園に訪れた。場所は幕張駅から歩いて十五分、車なら五分、匍匐前進なら一時間半といったところ。
それぞれの写真を見比べていただくと、主人公たちの後ろの遊具や腰掛けているベンチまでアニメの画像と実際の写真がまったく同じ!本当にこの登場人物が現実に居るん... 続きを読む

Author:Masayoshi Cho