Chibarism.com

2013.04.10

よって楽しい寄楽屋

よって楽しい寄楽屋

 こんにちは!今回は千葉県茂原市にあるリサイクルショップ寄楽屋茂原店の紹介記事になります。 以前に「千葉の奥地に眠るリサイクルショップ」というタイトルで、取材し記事を書かせて頂いた「リサイクルショップ総合センター」様からの繋がりがきっかけで今回取材させていただきました。寄楽屋様は主にお客様の不要になった工具・機械・重機などの買取・販売を行っています。工具だけでも、電動工具、エンジン機械工具、エアー工具、油圧工具などなど多くの種類を取り揃えているほか、農機具、ハンドツール などの中古機械工具を中心とした買取・販売をし、お客様に提供しています。もち... 続きを読む

Author:Kazuki Hatano
2012.12.19

大人の牧場巡り

大人の牧場巡り

 皆さん、千葉のアミューズメントスポットと言えば何を思い出しますか?遊園地と言えば新浦安にある某王国、水族館と言えば鴨川にある鴨川シーワールド、動物園と言えば、そう!富津にあるマザー牧場です!(正確に言えば動物園というよりは牧場なのですが……)千葉駅から電車で揺られること1時間少々、佐貫町駅で下車してそこからまた約30分バスに揺られマザー牧場に到着。実は君津駅から無料の送迎バスも出ているらしいですのですが、前日の16時までの予約が必要だったため今回は使えず。知っていれば使ったのに……という嘆きは置いといて、到着するとまず牛がお出迎え。記念... 続きを読む

Author:Yuki Noyori
2012.10.31

富津岬・地獄覗き

富津岬・地獄覗き

 こんにちは!蝉の鳴く季節が過ぎて、肌寒くなってまいりましたが、今回のゆるちばは海です!本来は夏の定番と呼ぶべき海に、あえて秋というシーズンを選んだのは、ひとえに夏休みという学生に与えられる長期休暇があったためであります(言い訳ではないです) しかして、その長期休暇も終わり、富津岬and地獄覗きに取材に行くのは、ゆるちば一の釣り名人系男子Yと、ゆるさが魅力の女の子N、そしてリーダー兼雑用のHです!最後まで見て頂ければ幸いです。さてさて今回は、Yが運転するムーブで、千葉から富津まで約一時間の道中を、速度制限を突き破りかねない程のスピードで一気に駆け抜け... 続きを読む

Author:Kazuki Hatano
2012.08.22

忘れていたあの頃の気持ち...

忘れていたあの頃の気持ち...

 今回私が訪れたのは都会からさほど遠くない距離である南行徳駅、そこから歩いて徒歩 5分程度の場所にある鉛筆公園(正式名称は南行徳公園)、もう一つはそこからさらに歩いて10分もかからないぐらいの距離にあり団地の中にある小さな公園ムクゲ公園。(取材に行った正直な感想としましては鉛筆公園の方が断然楽しいのでメインというか ほぼ鉛筆公園について書きますがご了承ください。)突然ですが皆さん小さい頃は何をして遊んでいましたか?私は、雨の日などは友達の家でゲームをしたりしていましたが晴れの日には基本、外で遊ぶ派でした。サッカーをしたり、鬼ごっこをしたり、他... 続きを読む

Author:Shouhei Nakao
2012.07.25

幕張と浜と人とねこ

幕張と浜と人とねこ

 今回は海浜幕張駅の近くにある浜を紹介したいと思います。まぁ海浜と呼ばれている程だから近くに浜があるだろうという勝手な思いつきでスタートした今回の企画です(本当は付近に浜があるのは知っています)それと海浜幕張というビジネス街近くの海には何かがあるかもしれないという希望も持ちながら探索をしてみようと思いながら、浜まで歩いて目指しました。今回は男2人で行ってきました。 まずは駅の南口に出ると、海浜幕張駅周辺のマップがあります。マップで見る限りだと浜は遠くはなさそうと思ったけど歩くと結構距離がありました。直線が果てしなく続きますが、しばらくすると!海浜幕... 続きを読む

Author:Ryo Onikubo
2012.07.11

知る人ぞ知る神社

知る人ぞ知る神社

 都会の中にある自然を探しに行こう。ということで知る人ぞ知る子安神社です。 夏本番を迎えようとしていますね。 実に暑い。そして、夏バテぎみです。コンクリートに囲まれている都会で近場に自然あふれた穏やかな場所はないものかと調べてみると近くに神社があるようです。津田沼駅北口から徒歩20分。津田沼駅周辺はデパートやカラオケパチンコ屋が多くいかにも都会。人も多くまさにコンクリートジャングル。自然のしの字も感じられないのですが・・・ とりあえず歩いて子安神社に向かってみましょう。駅周辺をぬけると民家が多く、中学校もありました。駅前とは違い少し落ち着いた雰... 続きを読む

Author:Madoka Nakamura
2012.07.04

千葉の奥地に眠る...(後編)

千葉の奥地に眠る...(後編)

 さてさて、前篇は全体のお店の紹介、中篇はご主人の趣味のお話、さて後編は・・・? 前置きが長いと文章を読むのも嫌になってくると思いますので、簡単に言いますと 後編はオークション編です!このお店の主な収入源および商品の調達に重要な役目を 担っているオークションですが、その様相は容易には想像できません。しかし、これは このお店にとって必要不可欠なパーツであることは間違いありません。カレーに福神漬けがないと寂しい気持ちになるのと似ているかもしれません(我ながらひどすぎる例え) というわけで、来る取材日。トップの画像は快晴でとても天気が良さそうに見えますが... 続きを読む

Author:Kazuki Hatano
2012.06.27

千葉の奥地に眠る...(中編)

千葉の奥地に眠る...(中編)

 さてさて、前回から謎になっていた立ち入り禁止の扉からついに先に進むことができました(もちろんご主人の許可を得て)。前篇の取材日から日をまたいだにも関わらず当日取材した私はとても高揚していました。未知なるモノを探検するというのはやはり男のロマンというか男心をくすぐるんでしょう。立ち入り禁止の立札なんて思春期の少年には有害そのものです。入れと言っているようなもの。私はそんなことしないですけど。ちなみに トップの画像はご主人一家のペットのワンちゃんです(名前を聞き忘れました・・・) とてもキュートです。私の姿を見るなり親の敵を見たかのような勢い... 続きを読む

Author:Kazuki Hatano
2012.06.13

千葉の奥地に眠る...(前編)

千葉の奥地に眠る...(前編)

 春の新生活といえば、入学式・就職・転勤・一人暮らしなど新たな環境へと変化していく時期のことを言いますよね!そんな時、アレがないコレがないと慌てたことはありませんか?私もその一人で慌てふためきながら既に6月、もう初夏の匂いが漂い始めています。 完全に乗り遅れているなと思いつつまた今さら焦っても仕方ないなという諦めも持ちつつ さすがにこれではイカンと思い、小物を揃えてこようと思いました。というわけで今回行ってきましたのは、千葉の奥地に眠るリサイクルショップ! 大学の友人から教えてもらったそのお店がある場所は千葉駅から総武線、外房線、東金線と乗り継い... 続きを読む

Author:Kazuki Hatano