第5回:「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」パート2


 今回私達は、俺の妹がこんなに可愛いわけがないの舞台となった、千葉駅周辺を取材してきました。前回の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の記事では、千葉が舞台であり、幕張の周辺が使われたことを書きましたが、幕張だけではなく他の千葉県内の場所も舞台として出てきています。その中の一つである千葉駅周辺は、作中では、登場人物たちの通う学校が存在しています。登下校の道は、実在する道であり、現地を訪れた際には、幕張と同じくアニメで見たままの光景であることに驚きました。登下校の道だけでなく、主人公京介の妹である桐乃が、父に集めていたグッズが見つかって家を飛び出した際には、それを追いかけて京介がやってきたのは千葉駅でした。夕方の千葉駅、工事が行われる前の千葉駅の様子が、アニメの中で見ることが出来ます。千葉を少し行った場所にあるゲームセンターでは桐乃が太古の達人を遊んでいて、そのことがゲームセンターの入り口に貼られていた時期もありました。アニメ放送当時とは町の外観が変わったところもあり、放送当時と違う場所があるのは少し悲しいところもありますが、そういった場所を探すのも、一つの楽しみです。

私達が撮影したのは工事が始まった後でしたが、
アニメが放送されていた時期は始まる前なので、以前の駅の姿が見れます。


京介が桐乃を探してやってきたゲームセンターの前。


作中に出てきた図書館ですが、実在する物とそっくりです。


千葉駅の近くにある公園から見たモノレールの光景です。
このモノレールは、アニメのオープニングにも登場しています。


今回の聖地:千葉県千葉市中央区弁天3丁目 千葉公園


大きな地図で見る

Author : Masayoshi Cho 2013.01.16